FC2ブログ

鳩サブレー 絶対買いますよ 2019-10-21

今日はちょっといい話ですよ。皆さんはネーミングライツというのを聞いたことがありますよね。いろんな施設の命名権を販売して財政再建に寄与する活動です。

私の住んでいるところででも、長野県松本平広域公園総合球技場がサンプロアルウィンと命名されて現在は、この名前で呼ばれています。

同様に鎌倉市が財政難だからと言って、昔からの馴染みのある3海岸「材木座海岸」「由比ガ浜海岸」「腰越海岸」の命名権を売り出してしまったのです。

海岸の命名権なんてあるんですね。それでこの3海岸の命名権を買ったのが、鳩サブレーで有名な豊島屋さんです。地元鎌倉で長年商売をやってきた豊島屋さんが何とこの3海岸につけた名前を想像できますか。

なんと、「材木座海岸」「由比ガ浜海岸」「腰越海岸」とつけたのです。そうです今まで通りの名前で呼ばれることになったようです。鎌倉市は結構観光客も来ているのに財政難とは、どのような市運営をしているのでしょうか。

この海岸の命名権は、年間1、200万で10年契約だそうです。今後もこの名前が引き継がれていくことを願っています。

皆さん鳩サブレ買って応援しましょう。

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

かんぽ生命の「養老保険」に捕まった母親 2019-10-17

かんぽ生命の高齢者をカモにする保険契約が私の母親も対象となっていました。

母親は、現在要介護3で細々と暮らしていますが、ちょっと気になったので母親の財産関係の書類を調べたら、なんとかんぽ生命の「養老保険」に入っていて既に満期を迎えたとの書類が二つ出てきました。

一つ目は、約254万保険料を払って、満期受取が約208万で差し引き46万の損失、二つ目は、約129万保険料を払って、満期受取が約107万で差し引き22万の損失で、合わせて68万円の損失です。

養老保険は、当初は満期時保険金が多かったので良かったのですが、平成に入ってからはどんどん悪くなってきています。満期での受取額が払い込み保険料を下回るのは周知の事実だったと思います。それにも関わらずかんぽ生命さんは、このリスクについて母親に十分な説明をしてなかった思われます。

どちらにしても、かんぽ生命の調査がどうなるのか、見守りたいと思います。

かんぽ生命の「養老保険」その1 かんぽ生命の「養老保険」その2

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

台風一過 爪痕がひどすぎる 2019-10-13

皆さん、19号の台風被害はどんな感じですか、猛烈な雨台風ということで用意万端で迎えましたが、地元の長野市で千曲川が氾濫したとのことで大変な被害が出ているようです、他の県でも川の氾濫で甚大な被害が出ているようですね。

朝からニュースをずっと見ていましたが、床上浸水や家が流されたり、施設から避難できないなど繰り返し放送されていました。

本当にひどい雨だったようですね、わずか二日ほどで2か月の雨量との報道もあったようです。本当に被害にあわれた方にはお見舞い申し上げます。

おかげさまでこちらは何もなく朝を迎えることができました。

被害にあわれた方が、寒くなる前に生活が取り戻せることを切にお祈り申し上げます。

テーマ:徒然なるままに - ジャンル:ブログ

義父に人生を終わりにされた子にご冥福をお祈りいたします。 2019-09-20

義父が子供を殺すという痛ましい事件が起きました。最初は変質者の殺人との報道でしたが、何と再婚相手の義父に自分の子供が殺されるという結果に驚きを隠せません。

断片的な事が流れてきますが、無くした赤白帽について子供に注意したら本当の親では無いと言われたことに逆上して殺したという事です。何と短絡的で衝動的な行動なのでしょうか。

このお母さんが選んだ義父との家族生活が見えてこないので何とも言えませんが、学校での親子の授業等ではそんな問題もなかったようです。

それにしても、子供から本当の親で無いと言われただけで衝動的に首を絞めて殺しますか、きっと精神的に子供好かれようと日々考えていたのにそれをいきなり踏みにじられたと思ったのでしょうか。

そこで精神的に崩壊してしまったのでしょうか。このお母さんは教員とのことですが、まさか再婚した相手に自分の子供が殺されるなんて死んでも死にきれないでしょう。これからの成長だけが楽しみだったと思います。

ただいきなり人生を終わらされたこの子だけが本当に不憫でなりません。ご冥福をお祈り申し上げます。

テーマ:徒然なるままに - ジャンル:ブログ

他人に寛容な世界について 2019-08-29

いきなりですが他人に寛容な世界が必要と思います。

最近、SNSの普及でちょっとした出来事がすぐに報じらることが多く見受けられます。

一方でその出来事をネガティブに報じると、それに同調して囃し立てる人が多いことに残念な気持ちになります。

老人のささいな振る舞いに対して、SNSでの取り上げ方が多いように感じます。

つまりSNSを使う若者が、老人に対して攻撃的になるのかな。例えば電車の椅子取りを老人がしたことを取り上げて怪しからんとの拡散。

こんなのどうでもいいじゃないですか、全ての席を取った訳でも無いし、近くに空いている席があるにも関わらず、怪しからんとはなんと心の狭さを感じます。

逆に若者や、ちょっと強面の危ない人たちがに席取りしても、怪しからんと言う度胸があるのか甚だ疑問ですね。

それにしても、今の世界は寛容さがほんとになくなっていると感じます。

職場で、仕事のミスを指摘すると、パワハラを受けたと親がクレームを言ってくるとのニュースが流れていました。自分の子供は小さい頃から怒ったことが無い、どうして子供を怒るのかという些細なことでクレームです、昔は親やじいさん、ばあさんが悪いことを見つけたら他人の子でも怒っていたけど、今では他人の子を怒ったら警察に通報される時代ですからね。

過保護に育てられた人は、権利だけは主張してその自分の責任を果たす行動が追い付いていないと思われます。

もっと寛容でいいじゃないですかと思うこのこの頃です。

テーマ:徒然なるままに - ジャンル:ブログ

プロフィール
記:俊英堂 店主
長野県の片田舎で雑貨屋を営んでいます。近所の方に助けてもらいながら商売させていただいています。
本当にありがとうございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
こちらもどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問してくれたみんな