FC2ブログ

他人に寛容な世界について 2019-08-29

いきなりですが他人に寛容な世界が必要と思います。

最近、SNSの普及でちょっとした出来事がすぐに報じらることが多く見受けられます。

一方でその出来事をネガティブに報じると、それに同調して囃し立てる人が多いことに残念な気持ちになります。

老人のささいな振る舞いに対して、SNSでの取り上げ方が多いように感じます。

つまりSNSを使う若者が、老人に対して攻撃的になるのかな。例えば電車の椅子取りを老人がしたことを取り上げて怪しからんとの拡散。

こんなのどうでもいいじゃないですか、全ての席を取った訳でも無いし、近くに空いている席があるにも関わらず、怪しからんとはなんと心の狭さを感じます。

逆に若者や、ちょっと強面の危ない人たちがに席取りしても、怪しからんと言う度胸があるのか甚だ疑問ですね。

それにしても、今の世界は寛容さがほんとになくなっていると感じます。

職場で、仕事のミスを指摘すると、パワハラを受けたと親がクレームを言ってくるとのニュースが流れていました。自分の子供は小さい頃から怒ったことが無い、どうして子供を怒るのかという些細なことでクレームです、昔は親やじいさん、ばあさんが悪いことを見つけたら他人の子でも怒っていたけど、今では他人の子を怒ったら警察に通報される時代ですからね。

過保護に育てられた人は、権利だけは主張してその自分の責任を果たす行動が追い付いていないと思われます。

もっと寛容でいいじゃないですかと思うこのこの頃です。

テーマ:徒然なるままに - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
記:俊英堂 店主
長野県の片田舎で雑貨屋を営んでいます。近所の方に助けてもらいながら商売させていただいています。
本当にありがとうございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
こちらもどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問してくれたみんな